オフショア保険.com

オフショア投資

オフショア投資とは、日本以外に登録されているファンド(狭義にはオフショアに設立されたファンド)に直接投資し、資産運用を行うことです。海外投資とも呼ばれ、資産運用のひとつです。日本の金融機関でも紹介されている外資系ファンド会社のファンド(投資信託)の多くはもともと外国籍のファンドであり、それを日本国籍にして窓口で紹介しています。そのため、収益性は海外国籍ファンドへの投資の方が高いことが多々あります。


オフショア投資でできること

  • 海外の銀行を通じてのファンドなどの購入
  • 海外の証券会社を通しての株の売買/ファンドやリートなどの購入
  • 海外の生命保険会社を通じてのPPB(プライベート・ポートフォリオ・ボンド)などの購入
  • 海外で設立された匿名事業組合への投資
  • 海外の不動産投資やランドバンキング
  • 海外のブローカーを通じてのファンドなどの購入
  • 海外のプライベートバンクを通してもIPOその他優先株の購入


  • オフショア投資のメリット

    オフショア投資では国際的信用のある株式市場で取引されている証券や更には投 資信託等の全てが購入可能です。

    タッ クスヘイブン(租税回避地)では外国投資家・預金者対して合法的に税金面などで優遇措置(無税かそれに近い税率)を行っています。これは投資額がインカム ゲイン税やキャピタルゲイン税の影響を受けずに成長できるということを意味しています。
    オフショアの金融機関では投資家、預金者の個人情報・資産情報の守秘・保護が徹 底されています。そのため、不正取引や犯罪に関わっていると証明されない限り、お客様の個人情報・資産情報が第三者に提供されることはありません。
    万が一、オフショアファンド会社やファンド募集会社が破綻しても投資家の資産は守られる信託財産として管理されています。


    オフショア投資のデメリット

    オフショア投資は外国の金融機関との取引とな るため、手続きは基本的に英語で行います。資産運用、投資などの知識に加え、国際電話での問合せや資料や細かい条約 文の解読をすべて英語でしなければなりません。











    Copyright © オフショア保険.com All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.